簡単なバンパーの擦り傷の修理方法

自分の愛車を普段から大切に乗っている方は、日々のメンテナンスにも気をつけていらっしゃることでしょう。ウィンドウを含めて、愛車の外観を綺麗に磨き上げる時は、この上ない至福の時間でもあります。車に映り込んだ美しい風景を見ると、自然と笑みがこぼれる気持ちにもなってきます。けれどもそんな時に、例えばバンパーなどに、擦り傷を見つけたとしたら急にテンションも下がってしまいます。ほんの小さな擦り傷であっても放置しておくことは、愛車のオーナーであればあるほど、我慢がならないはずです。そんな時にはご自分でも修理ができる方法もありますので、ご紹介します。ただし擦り傷などの損傷が深く大きい場合でしたら、車の塗装を得意とする多くの業者が存在していますのでそのような車専門の業者への依頼も検討することをお勧めします。

バンパーの擦り傷の修理に必要な道具を揃える

自分でできる程度の、簡単なバンパーの擦り傷の修理には、カー用品を扱っている店舗などで道具を揃えれば可能です。そこには多くのバンパーなどの傷の部分を修理する用のスプレータイプや練りタイプの材料が販売されています。とても多くの商品がありますので迷わないためにも、できれば事前にネットなどでどのような修理の商品があるのかを調べて、口コミなども参考にして目星をつけて修理工程で必要な品を揃えると良いです。バンパーに擦り傷ができると塗装が剥げてしまいますので、まずは塗装面の下地作りに必要となる細かい目の耐水ペーパーを活用します。この作業では削りカスも出ますので、水を使いながらの作業となるため、耐水性の専用ペーパーを使うのが基本です。下地が整った後には今度はパテを使って、バンパーの擦り傷によって欠けている部分の補修作業にあたります。最後にスプレーなどで塗装をしていくのが大まかな流れとなります。

自分で簡単にできないバンパーの擦り傷の修理は業者に依頼する

ご自分でカー用品を扱う店舗で揃えた道具で、簡単にバンパーの修理ができない場合には、このような擦り傷を丁寧にキレイに修理してくれる業者を探して、依頼をすることも検討します。やはり傷口が広がって大きくなってしまうと元も子もないですし、剥がれたところから錆びが生まれる可能性もあります。またご自分で修理して一旦は綺麗になったと思える部分が、日数が経つと元に戻ってしまうケースもありますので、傷口が深く大きい場合には専門の業者の方が安心です。この場合、車を購入した店舗で相談するのも近道ですし、普段よく利用するガソリンスタンドでもほとんどの店舗が修理を扱います。ただしご自分でするよりも費用面が高くなることが多いですので、ネットで修理店での料金体系を確認してから依頼をすることをお勧めします。

東京・埼玉・神奈川にお住まいで、修理代金30000円以上のお客様なら車の引き取り・納車が無料。 修理個所が2か所以上の場合は割引。低価格とクオリティー向上を実現します。 外車、国産車、大型車など車種による追加料金は一切ありません。 当社は車の板金塗装や修理を激安料金で行う会社で、対象エリアは東京・埼玉・神奈川であれば無料でご自宅まで引き取りに伺います。 バンパーの擦り傷を激安修理!!【池内自動車】