バンパーの擦り傷を修理してくれる業者の探し方

車を運転していてうっかり作ってしまったバンパーの擦り傷、見た目が気になりますね。修理を考えた場合、業者選びをどうしていますか。市販の修理キットなども販売されており、自分で直すこともできますが、車に詳しくない方でもプロに任せれば安心です。ディーラーは修理費用も高めですが、信用度も高く安心して預けられる点で利用しやすいです。輸入車など車種によっては経験豊富な地域の整備工場のほうがお得な場合もあります。ただし得意不得意があるため、事前に相談してみることをおすすめします。業者を選ぶなら地域での評判やこれまでの実績、見積もりの分かりやすさなどを基準に選ぶのが望ましいです。大した傷ではないと傷がついたまま車を使用し続けると、のちに大きな傷になってしまうこともあるので、早めの修理がおすすめです。

バンパーの擦り傷、修理の目安と業者の探し方

バンパーの擦り傷を修理する場合、おおよその目安を頭に入れておく必要があります。バンパー側面の場合は部分板金して塗装しなおす方法で行い、修理費用は25,000円から40,000円程度となっています。中央付近の傷なら塗装の継ぎ目が目立つこともあるため一本塗りをおすすめします。その場合費用は30,000円から50,000円となり、傷の度合いによってはバンパーそのものを交換する場合もあります。料金の相場は業者のホームページなどである程度確認しておき、気になる業者に見積もりを出してもらいましょう。よい業者を探すには口コミや紹介などで教えてもらうのがおすすめです。安いからといって飛びつくのではなく車の知識をきちんと持ち、丁寧な対応や技術の高さなどを持ち合わせている業者を見つけましょう。

バンパーの擦り傷は放置しないで、早めに修理しましょう

バンパーの擦り傷を自分で修理する方も多いです。傷の度合いにもよりますが、ある程度の大きさや深さがある傷の場合は仕上がりを考えると業者にお願いするのが無難です。いかに目立たなくきれいに仕上げてもらうかがポイントです。放置しておくことはもちろん、修理後の状態によっても錆などが発生するきっかけになることもあります。錆は一度できてしまうと塗装の下でじわじわと広がっていくため、気が付いたときには大きな傷となっている場合もありますので、できるだけ早めの対応をしましょう。業者はインターネットで簡単に検索できます。近くの業者、評判のよい業者、腕の良い業者など、傷の度合いや目的に合わせて探してみましょう。良い業者の見極めポイントは、預かっている車の台数が多い事、わかりやすい説明をしてくれる事です。